馬の豆知識 第一弾

馬の豆知識 第一弾イメージ

●馬の歯は  
前歯が上下6本ずつ、奥歯が上下6本ずつ奥歯が左右上下に6本ずつ合わせて36本が並び、牡馬の場合はこれに犬歯が加わって全部で40本である。歯並びを見ると歯が生えていない部分がある。この部分を歯槽間縁と呼び、ここにハミを噛ませる。こうした歯並びは馬特有なもの。

●ハミの役割  
ハミ歯槽間縁の部分に噛ませると、歯にぶつかることなく舌の上に収まって、口の開け閉めにも、物を食べるのにも邪魔にならない。しかもハミの両端があたる口角は最も感覚が敏感な部分だ。だから、ハミの両端に手綱を取りつければ、微妙な手綱の動きも確実に感じ取らせることができる。ハミを最初に用いたのは、紀元前1500年前後に中央アジアを席巻したヒッタイト人というこであるが、馬と人間とのつきあいの上で、実に重要な発案であった。

●馬の瞳  
人間の場合、瞳孔は円形だが、馬の場合、瞳孔は横長である。横長の瞳孔は縦方向の視野を制限される替わりに、横方向にはより広い視野をもつ。しかも馬の目は顔の左右についていて、これも視野を広げるのに役立っている。

●視野は350度  
馬の視野は350度にも及び、頭の真後ろの部分を除いて、グルリと周りを見渡すことができる。特に後方で動く物影に対して敏感に反応する習性があるが、これは後方から忍び寄る外敵にいち早く気づいて逃げるためで、草食動物が生きるための本能なのだ。がレースではこうした機能が災いして、走りに集中できない場合もある。遮眼革を使って後方や横の視野を遮り、他馬の姿が見えなくなると、馬は安心して走りに集中する。

●夜でも見える
馬の目は暗がりでもピカピカと光る。つまり暗闇でも目が見えるのだ。だから昼夜にわたって放牧すれば、夜の暗がりにあっても馬は支障なく活動している。ナイター競馬のまばゆい照明は、人間のためにこそ必要なもので、馬にとってはさほど必要ではない。

●日本の馬齢と欧米の馬齢 
日本でではもともと数え年で年齢を表していたわけで、馬に限らず人間も同様に、生まれて1歳、明けて2歳、その後も正月のたびに1つずつ年を増やしていくのが普通だった。人間の方は戦後になって、西洋式に満年齢の数え方をとるようになったが、馬の年齢は長らく数え年のままだった。しかし平成13年1月から、馬の年齢も国際基準に従って満年齢で数えるようになった。

従来の日本の馬齢 欧米の馬齢 変更後
生まれた年 当歳(1歳) foul 当歳(0歳)
翌年1月1日 2歳 yearlings(1歳) 1歳
2年後1月1日 3歳 2years 2歳
3年後1月1日 4歳 3years 3歳
4年後1月1日 5歳 4years 4歳

●馬の成長と馬齢  
馬の平均年齢は20~25歳。一般的に馬の実質的な年齢は、「数え年書ける」といわれている。つまり、当歳は人間でいうと4歳、12歳でデビューして、古馬となる数え年5歳は20歳に相当するわけである。その後も単純に「欠ける」で考えると、数え年20歳の馬は80歳に相当するが、この年齢でも種馬生活を続けている馬が少なくないことから、しっくり子ない感もある。それで、数え年9歳以下は「×4」、10代は「×3」、20代では「×2.5」、30代では「×2」として換算する...という見解もある。

▼競馬で毎週勝てる方法を無料で公開中▼

では、本当に利用価値のあるサイトはどのサイトでしょうか?実際に登録し、検証を重ね、プロや利用ユーザーが選んだ優良の競馬予想サイトをご紹介致します。サイト選びで失敗しない為にも必ずご確認ください。

▼プロとユーザーが選んだ競馬予想サイト

ちなみに必ず勝てる【優良競馬予想サイト】はコチラ◀

優良サイト一覧バナー

この記事のサイトは優良ですか?(★が多いければ優良) 
いまいち・・まずまずなかなか!いいね!とってもいい!! (1 投票, 評価平均値: 5.00)
Loading...
※5段階評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので厳選な評価をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ